YouTube更新2021/12/5 <<クリック>>

【秋キャンプ】DDタープの車庫でロドキャン落ち葉対策3つのポイント

Advertisements

秋キャンプの落ち葉対策のDDタープ車庫のレシピ

開催日:2021/10月 【思い出投稿日】2021/11/02
記・撮影:bigeye(アイスタイル(eye-style))
(写真に問題がありましたら削除致します<(_ _)>)

場所:高ソメキャンプ場

〜用意するもの〜

DDタープ(他のタープでも可能) 3×3 より大きめのサイズ

車のサイズを参考に!

私の場合は お尻かくして頭隠さず(>_<) 長さ足りず
今回はDDタープ 車の色に合わせて オレンジ色をチョイス

愛車と色を合わせるとお洒落になりますよ~

ロープ タープ用のロープ数本

少し長めのタイプ 4mは欲しい
→短い場合は結合して対処

太さは可能であれば5mmくらいあると安心

ツリープロテクター(もしくはタオル)

木をロープの摩擦から保護するためのツール
タオルでも良いですよ〜
今回私は黒のタオルを使用しました。

ポール

基本は使わないようにしたいけど、どうしても四隅に木が無い場合はポールで代用
高さは180㎝以上はほしい

ペグ

ポールを使ってペグダウンを行う時は2本のペグでガッチリ固定することをお勧め致します。
ペグは長めのタイプで、鍛造のものがオススメです。

【注意】
ポールが倒れると愛車に傷をつけてしまいますのであまりオススメできませんが、使う場合はペグダウンを何時もの倍の強さでしっかり固定し、ポールが倒れないように気をつけてくださいね。

また、倒れても愛車に届かないように少し距離を置くのも良いです。

※十分に注意して自己判断で!

森の車庫作り

Advertisements

YouTubeでもご覧頂けます
https://youtu.be/7Ppk7FI7P3U

【タープの車庫】秋キャンプ落ち葉対策3つのポイント

まずは屋根のDDタープを用意(他のタープでも大丈夫です)

色は、愛車のカラーと同一でコーディネートすると、お洒落になりますよ

今回は3×3でしたが、車の方が長くハミ出ていました。

ポールの代わりになる木を見つけたら、ロープを巻いていきます。
この時、木を守るためにツリープロテクタータオルを使い紐の擦れから木を保護します。

ポールはできる限り使わず、4本の木をポール代わりにするのが一番安心できます。

ポールの代わりになる木が無い場合は自己判断でポールを使って車庫を作ることも可能です。

その場合、ポールが倒壊して車に傷がつかないように、ポールのロープは2本のペグでしっかり固定します。

 

 

ロープの張り具合と、高さをチェックしたら車庫の出来上がり!

タープを立てる時間よりも簡単に、素晴らしい森の車庫が出来上がります。

あとは愛車を車庫に入れるだけ!

 

眺めて楽しもう

Advertisements

車庫が出来上がったら愛車を車庫に入れた後に、雰囲気を楽しみましょう!

サイトの雰囲気がガラリと良い感じに変わります

森の中から見ると、更に雰囲気が良くなるよ

そして..クライマックスは.夜

愛車をライトアップするとロマンティックな雰囲気へと変化!

もうたまりません〜(*^_^*)

 

落ち葉対策効果もバッチリ

Advertisements

翌朝の写真

タープが落ち葉をしっかりとキャッチしています。

愛車が落ち葉で汚れず、サイトの雰囲気も良くなり、さらに夜のライトアップでロマンチックな雰囲気を楽しめる!

森の車庫は 一度に 3つ おいしい〜

 

是非お試しあれ〜

 

YouTubeでもご覧頂けます
https://youtu.be/7Ppk7FI7P3U

【タープの車庫】秋キャンプ落ち葉対策3つのポイント

 


記: bigeye(アイスタイル(eye-style))

♪♪関連サイトはこちらから♪♪

 

■YouTube
ロドキャンStyle

 

■みんカラでは bigeye 

 

■Instagram
ロードスター @bigeye.nakai
ロドキャン  @roadster.camp

 

■Twitter

ロードスター @bigeye41025935

ロドキャン  @roadstercamp

 

Advertisements

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。